【iPhoneアラームで起きれない】そんな時にはスヌーズ大作戦!

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneのアラームについて取り上げます。

 

最近は目覚ましを買う人も減少し、

スマホのアラーム機能を使う人が増えています。

 

電池さえあれば無限に鳴り続けますし、

どこにでも持ち運べるのが嬉しいですよね。

 

とはいえiPhoneのアラームを使っても起きれない。

こんな悩みを抱える人の気持ちもわかります。

 

私も5年以上も前からiPhoneユーザーですが、

最初の頃はアラームの音が小さすぎて起きれませんでした。

 

特に私の場合は朝に非常に弱く、

寝坊グセも頻繁にあったので、

それこそ死活問題でしたね。

iPhone アラーム 起きれない 画像

当時の私はまだ学生だったのですが、

社会に出て働く様になれば遅刻は最悪。

 

いつまでも実家にいれるわけではないので、

自力で起きれる習慣はつけたいと感じていました。

 

私も最初はiPhoneのアラームで起きれませんでしたが、

ある方法を使い始めたことで、

嫌でも起きれる様になりました。

【iPhoneアラームで起きれない】そんな時にはスヌーズ大作戦!

スポンサードリンク

まず必ず使って欲しいのがスヌーズ機能。

 

1つアラームを設定すれば、

アラームをオフにしない限り、

9分おきに何度でもアラームが鳴り続けます。

 

この場合、「アラームをオフにする」のがポイント。

 

アラームが鳴っている間は、

画面上にボタンが表示されます。

 

機種によって表示のされ方は異なるものの、

これを押せば一時的にはアラームが止まります。

iPhone アラーム スヌーズ 止め方 画像

しかしこれは「アラームをオフにした」ことになりません。

 

アラームの画面を開いて、

対象のアラームをオフにしなければいけません。

 

これが非常に面倒。

ですが朝に弱い人にとっては最高です。

 

何度も鳴り続けるアラームに堪えかねて、

やっとこさ起きることができるのです。

 

ここでオススメなのが、

複数のアラーム・スヌーズを設定すること。

 

スヌーズは原則9分間。

間隔を短くすることはできません。

 

その分だけアラームの個数を増やし、

間隔を短く設定するのです。

 

アラームは起床2時間前から設定するのがコツ

スポンサードリンク

最後に私が実践したコツ。

これを紹介します。

 

どんなに朝が苦手だと感じていても、

これさえ実践すればすぐに起きれる様になります。

 

例えば、6時に起きないといけない場合。

アラームを4時から設定するのです。

 

こうすれば、2度寝3度寝をしても、

不快感ですぐに目覚めることができます。

e1e73ea02f9690ca0908fcf45513f8ae_s

最初は若干寝不足を感じますが、

慣れてくれば2時間前の設定を徐々に短くすればOK。

 

私も今では起床時間の30分前から設定すれば、

アラームで無事に起きることができます。

 

「アラームを設定しても起きれない」

もしあなたがこんな悩みを抱えているなら、

ぜひ今回紹介した方法を実践してみて下さい。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒ iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneのアラーム音量が小さい(涙)【設定ボタンで一瞬で調節できる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ