iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneのアラーム機能を取り入れます。

 

目覚まし代わりに使えますし、

私もiPhoneのアラームには助かっています。

 

普通の目覚ましとは違って、

どこへでも持ち運べるのがありがたいですね。

 

私は仕事の関係で出張することも多いですが、

出張先でも手放せませんね。

 

安いビジネスホテルだと、

アラーム機能が壊れていることもあるので…

 

電話だけのモーニングコールでは、

どうしても起きることは難しいんです。

3120b24a6ccbf810c7fe04c3bf35da84_s

そんな私にとってiPhoneは救世主。

スヌーズ機能があり何個でも設定できるので、

それこそ1分間隔で鳴らし続けることも可能。

 

どんなに朝が弱い人であっても、

気づけば目を覚ませていますよ。

 

アラームに好きな音楽も設定できますし、

itunesで読み込んだ音楽をガンガンかけています。

 

詳しくは他の記事でも解説しています。

最後にまとめて紹介しているので、

合わせて読んでみて下さい。

iPhoneのアラームはいつ止まる?

スポンサードリンク

さて、ここで疑問が浮かびます。

iPhoneのアラームはいつ止まるのでしょうか?

 

「iPhoneのアラームはいつ止まるか」

 

これを考える上で、

「止まる」の定義を以下の2つに分けました。

 

1、アラーム自体を止める

2、アラームが自然に止まる

 

 

まずは1番の「アラーム自体を止める」についてお伝えします。

iPhone アラーム スヌーズ 止め方 画像

例えばスヌーズ機能を使っていればわかりますが、

アラームをオフにしない限り何度でも鳴り続けます。

 

アラームが鳴っている間、

スマホの画面上にはボタンが表示されます。

 

機種によって表示のされ方は異なりますが、

ボタンを押すことで一時的にアラームは止まります。

 

ですがアラームの画面へ行き、

アラームそのものをオフにしない限り、

スヌーズによって何度でも鳴り続けるのです。

 

iPhoneのアラームが自然に止まる時間を計測してみた

スポンサードリンク

続いて2番。

「iPhone自体が自然と止まる」です。

 

これは実際に、アラームが鳴り続けても、

私達がそれに気づかず寝続けていた場合、

ひとり手に止まるまでどれくらいの時間を要するかです。

 

私はiPhone4sという古い機種を使っていましたが、

この機種で計測した結果、ほぼ1分で止まりました。

 

現在はiPhone6sを使用していますが、

それでもほぼ1分で自動的に止まっています。

 

もちろん機種ごとに違いはあるでしょうが、

おおむね1分で自動的に止まるということです。

e1e73ea02f9690ca0908fcf45513f8ae_s

この実験結果から判明したことは、

「1分おきのスヌーズは正常に作動していない可能性がある」ことです。

 

7時と7時1分にアラームを設定し、

それぞれにスヌーズ機能をつけていた場合、

1分ごとに別のアラームが鳴ることになります。

 

ですが1分間は鳴り続けているので、

上手くつながって鳴るのかは疑問です。

 

2分ごとの間隔に最低でも設定を変更すれば、

上手くスヌーズを活用することができそうですね。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒ iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneのアラーム音量が小さい(涙)【設定ボタンで一瞬で調節できる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneアラームで起きれない】そんな時にはスヌーズ大作戦!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ