iPhoneのアラーム音量が小さい(涙)【設定ボタンで一瞬で調節できる】

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneアラームについてお伝えします。

 

私自身、iPhoneのアラームには本当にお世話になりっぱなし。

 

学生時代から自力で起きることができず、

平気で1限の授業に遅刻するありさま。

 

親に起こしてもらっても、

2度寝3度寝は当たり前。

もはや親もあきれてましたね。

iPhone アラーム 起きれない 画像

とはいえ社会人になったら遅刻はクビ。

自分の評価や仕事を失ってしまいます。

 

就職先が地元から遠く、

一人暮らしをしなければならないことに・・・

 

もう、不安だらけですよね(笑)

 

「自分は毎朝起きれるのだろうか」

「目覚まし何個かけてもダメなんだけど」

 

そんな私を救ってくれたのが、

iPhoneのアラームでした。

 

iPhone4sというかなり古い機種が、

機種変更のために自宅に放置されていました。

 

今ではコイツを目覚ましのみで使い、

スヌーズを使いながら余裕で起きれてます。

iPhoneのアラーム音量が小さい(涙)

スポンサードリンク

とはいえ私も最初から、

iPhoneのアラームを使いこなせてはいませんでした。

 

私のiPhoneは20個アラームを設定できますが、

何個設定しても最初は起きれず。

 

いかんせん音量が小さかったんです(涙)

 

しかしアラームの画面には、

アラーム音量を調節するボタンは存在せず。

 

どうすれば良いのか困り果てていました。

iPhone アラーム 音量 小さい 画像

いくらアラームの個数を増やしても、

いくらスヌーズ設定をしても、

音量が小さければ意味がありません。

 

しかも目覚ましとスヌーズを設定した以上、

電池の消費量は激しくなるわけです。

 

「何とかする方法はないのか・・・」

 

途方に暮れていた私に対して、

iPhoneユーザーの友達が衝撃的なひと言を発したのです。

 

iPhoneのアラーム音量は設定ボタンで一瞬で調節できる

fe836487cc4ce6517788f08b73b03da8_s

そう、アラームの画面ではなく、

通常の設定ボタンから変更ができたのです。

 

設定ボタンをタップし、

その中で「サウンド」ボタンをタップしてください。

 

機種によって表記は違うのですが、

「着信音と通知音」というボタンがありますよね?

 

ここでアラームの音量も調節できるのです。

 

電話を受ける着信音が嫌いな人は、

無意識にこのボタンをオフにしています。

 

ですがこれではアラームも小さいまま。

「着信音と通知音」を最大にすれば、

音量はマックスになります。

 

どんなに起きれない人であっても、

マックスにしてスヌーズをかければ一発です。

スポンサードリンク

ちなみに「着信音と通知音」ボタンにある、

「ボタンで変更」というボタン。

 

これを「オン」にしておくことで、

機種の外側にある音量調節ボタンで、

音量の大小を調節できる様になります。

 

普段は着信や通知音を鳴らない設定にして、

寝る前に音量を最大にすれば良いのです。

 

私もこの方法を使って、

今では簡単に起きられる様になりました。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒ iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneアラームで起きれない】そんな時にはスヌーズ大作戦!

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ