iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

こんにちは、サチコです。

今日はiPhone7について取り上げます。

 

私は4年半もの間iPhone4sを使い、

機種変更後はiPhone6sを使っています。

 

4年半使えばさすがに機能も不具合が発生し、

最後の方はネットもSNSも立ち上がらない状態。

もはやスマホの役目を果たしていませんでしたね(笑)

 

iPhoneシリーズには特にアラームでお世話になり、

学生時代に寝坊の常習犯だった私が、

無事に社会人生活を送れてるのもiPhoneのおかげです。

 

今後もiPhoneがあり続ける限りは、

1ユーザーとして買い続けようかなと思っています。

iPhone アラーム 起きれない 画像

さて、今回はiPhone7を取り上げます。

 

発売されたら私も買おうか検討しているのですが、

その中でも話題を集めているのが「イヤホンジャック」

 

「イヤホンジャックがなくなるのではないか」

 

こんなウワサが広まっているのです・・・

iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?

スポンサードリンク

イヤホンジャックとは、

イヤホンの差し込み口のこと。

 

これ、意外と知らない人もいるので、

まず最初に説明しておきますね。

 

iPhoneで音楽を聞くときは、

基本的にはイヤホンを差し込んでいたと思います。

 

iPhone購入時に付属されるイヤホンや、

市販で音質が良いイヤホンを買ってつける場合もあります。

 

私はそこまで音質にこだわらなかったので、

付属品を使い続けていますが、

itunesと連動して音楽を取り込めるので、

仕事の通勤時にはほぼ必ず何か聞いてますね。

 

そんなイヤホンジャックがなくなってしまえば、

まず付属品としてイヤホンはつけられなくなるでしょう。

 

それにイヤホンジャックがないので、

差し込み式のイヤホンはすべて使えなくなってしまいます・・・

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

では、イヤホンジャックをなくしたかわりに、

何で音楽が聴ける様にするのか。

 

アップルが検討しているのがBluetooth。

Bluetooth対応のイヤホンと接続すれば、

穴に差し込まずとも音楽を聞けます。

 

ですがこれは大前提として、

Bluetooth対応のイヤホンを購入しなければいけない。

 

付属品としてイヤホンがもらえるとは思えず、

もはやお金を持っている人だけが手を出せるアイテムに。

スポンサードリンク

じゃあどうしてアップルは、

イヤホンジャックを廃止しようとしているのか。

 

 

答えは「厚さ」にあります。

 

イヤホンジャックをよーく見てもらうと、

かなりの厚さをとっていることがわかります。

 

現在は3.5ミリの厚さがありますが、

これをなくすだけでも相当薄くなりますし、

空いたスペースに他の機能を盛り込むこともできます。

 

Bluetoothが徐々に普及しているからこそ、

iPhone7から思い切って廃止してしまおうという魂胆なのでしょう。

 

確かに薄くなるのは画期的ですが、

イヤホンジャックがなくなるのも衝撃的ですよね。

 

★あわせて読みたい記事はこちら★

⇒ iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneのアラーム音量が小さい(涙)【設定ボタンで一瞬で調節できる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneアラームで起きれない】そんな時にはスヌーズ大作戦!

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ