【iPhoneのカメラがぼやける】誰でもキレイにピントを合わせる方法

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneのカメラについて取り上げます。

 

iPhoneだけでなくスマホを持っていれば、

カメラを使わないことなんてあり得ないですよね?

 

最近ではTiwtterやLINE等のSNSにも、

積極的にバンバン写真をのせてる人がいますし、

iPhone自体も画質的には悪くない。

 

私も現在iPhone6sを使っていますが、

そこまで不満を抱いたことはないですね。

iPhone カメラ シャッター音 鳴らない 設定 方法 画像

ところが一時期、

カメラがぼやける状態に悩まされていました。

 

撮影しようにもどうもピントが合わない。

特にズーム撮影では顕著でしたね。

 

この記事では通常時とズーム時。

それぞれで画面がぼやけた時に、

どうすればピントを合わせられるかを紹介します。

【iPhoneのカメラがぼやける】誰でもキレイにピントを合わせる

スポンサードリンク

まずは通常撮影時です。

 

まずはカメラを構えて、画面を1回タップしてください。

これだけでもぶれていたピントが定まります。

 

ぼやけていたら画面をタップ。

これは誰でもすぐにできますね。

 

とはいえ、一度ピントを合わせても、

その後の手ぶれでぼやけることもあります。

 

そんな時は画面を長押し。

すると画面上に「AE/AFロック」という文字が表示されます。

 

この文字が表示されている間は、

ピントをロックしておけるのです。

 

意外と知られていない方法ですし、

まずはこの方法を試してみて下さい。

 

ちなみに「AE」とは自動露出、

「AF」とはオートフォーカス(自動でピントを合わせること)を現しています。

スポンサードリンク

次にズーム撮影についてです。

基本的にズーム撮影で注意して欲しいのが、

対象となる撮影物に画面を近づけすぎないことです。

 

例えば目の前のリンゴを撮影したいなら、

iPhoneをリンゴに近づけすぎてはいけません。

 

なるべく通常の撮影距離に立ち、

画面を2本の指で押し広げて下さい。

※「スワイプ」のことですね。

 

すると距離が多少離れていても、

対象物をズームで撮影することができます。

c8f5e83b5e2510edb81a56b6c60f75ad_s

実は対象物に画面を近づけるよりも、

スワイプした方がキレイに撮影できます。

 

後はスワイプして近づけた状態で、

画面をタプすれば一層ピンとは合いますよね。

 

この方法を使ってみて下さい。

 

ここまで紹介した方法でもダメなら、

何かしら機体内に原因があるかもしれません。

 

修理に出すことをオススメします。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ