【iPhoneアプリの広告の消し方】実はデメリットも大きいって知ってる?

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneアプリについて取り上げます。

 

iPhoneを使っていれば間違いなく、

何らかの理由でアプリをダウンロードするでしょう。

 

無料ゲームだってそうですし、

カメラのシャッター音を消すアプリもあります。

iPhone カメラ シャッター音 鳴らない 設定 方法 画像

基本的にiPhoneはアプリで機能を強化していくので、

アプリなしには使い勝手も向上しない部分があります。

 

その分、画面上に大量のアイコンが表示され、

何がどこにあるのかわかりにくくなってしまいますけどね(笑)

 

使う頻度の少ないアプリに関しては、

2ページ目以降に移動するのをオススメします。

 

さて、今日はiPhoneアプリの広告の消し方。

これについて紹介します。

iPhoneでアプリの広告を消す方法

スポンサードリンク

アプリを起動すると、

画面下部などに広告が出て来ますよね?

 

これを間違ってクリックした経験。

誰しも一度はあるんじゃないでしょうか?

 

アプリを起動する度に表示されるので、

何だかウザいなーと感じることもありますよね?

 

でも、実はアプリに表示される広告は、

簡単に消すことができるのです。

iPhone7 イヤホンジャック 廃止 画像

ホーム画面から、

「設定」→「モバイルデータ通信」と進んで下さい。

 

下の方を見るとアプリが表示されています。

これ、あなたがダウンロードしたアプリです。

 

その中で、広告を非表示にしたいアプリ。

このボタンを探して下さい。

 

ここで目的のアプリを見つけたら、

スライドをオフに移動するだけ。

 

これでアプリ内に広告が表示されません。

iPhone7 Xperia x 比較 メリット デメリット 画像

ものすご〜く簡単な方法。

私もこの方法を知った時はビックリしました!

 

「えっ、普通にできるじゃん!」

「難しいことする必要ないじゃん!」

 

実は簡単だったんですよね。

 

アプリの広告を消すことによるデメリット

iPhone SE 後悔 評判 画像

でも、ちょっと待って下さい。

アプリの広告を非表示にすると、

最終的にはあなた自身にもデメリットがあります。

 

特に無料アプリは顕著なのですが、

広告をクリックしてもらうことで、

アプリ製作会社は収益を得ているのです。

 

ダウンロードが無料なんだから、

収入は基本的には広告からなんですよね。

 

広告が非表示にされるということは、

その分だけ製作会社に収益が入らなくなる。

 

その結果、特に無料アプリの数は減少し、

あなた自身にデメリットが来ます。

 

欲しいなと思ったアプリが全部有料。

これはなかなか厳しいですよね。

スポンサードリンク

ちなみに広告の非表示は、

こうしたサイトのものでも適用できます。

 

ですがサイト運営者も、

広告を貼ることで収益を得ています。

 

広告を非表示にするということは、

それだけ多くのサイトが閉鎖されるリスクもあります。

 

本当に良い情報を発信しているサイト。

これも一瞬で閉鎖に追い込まれるわけです。

iPhone6s SIMフリー メリット デメリット 画像

ですのでこの方法はあまりオススメできない。

私も一時期は広告を消していましたが、

今はちゃんと表示させています。

※もちろん、故意にクリックはしていません。

 

ちなみに今回紹介した方法は、

あくまでも1人で楽しめるアプリに限定しています。

 

友達とつながれるオンラインアプリでは、

非表示にできないので注意して下さいね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ