【iPhoneカメラに黒い点!】無料で修理してもらえる条件はこれ!

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneのカメラについて取り上げます。

 

スマホでカメラを使わない人。

これはまぁ、ほとんどいませんよね?

 

私は現在iPhone6sを使っていますが、

なかなかに高画質のカメラですし、

使っていて不満を抱いたことはありません。

 

それ以前はiPhone4sを使っていましたが、

こちらもまぁ無難なカメラでしたね。

iPhone カメラ シャッター音 鳴らない 設定 方法 画像

ただ、iPhone4sを使っていた時のこと、

一時期カメラ上に黒い点が表示されていました。

 

 

「これ、レンズの汚れかな?」

 

何度かレンズをふいて見るも、

まったく消えない黒い点。

 

原因を気になって調べてみると、

実はこれ、自分で修復できない不具合。

 

レンズの周辺からゴミやホコリが入ってしまい、

物理的に取り除けなくなってしまったものです。

 

これを解決するには修理しかない。

急いでアップルストアへ持っていきました。

iPhoneカメラの黒い点を無料で修理してもらうには?

スポンサードリンク

ただし、注意が必要です。

今回紹介する不具合は必ずしも、

無料で修理してもらえるわけではありません。

 

私の場合、無料と有料を分けたのは2つ

 

1、保証期間内だったこと

2、Apple Careに入っていること

 

この2つです。

 

私がアップルストア店頭で受けた説明だと、

 

 

「まあ、1年間の保証期間内ですし、

Apple Careにも入っているので、

今回は無料で修理しますよ〜。」

 

 

こんな感じの説明を受けました。

 

しかも修理ではなく交換。

新品のiPhone4sが届いたのです!

 

裏を返せばこの2つの条件を満たしていないと、

有償で(たぶん1万円弱)での対応となってしまいます。

iPhone6s Xperia Z5 どっち 機種変更 メリット デメリット 比較 画像

ネットの情報を見ると、

保証期間内でなくとも対応してくれる場合もあり、

「Apple Careに入っていること」は特に重要な様です。

 

iPhone購入時のオプションで入っていましたが、

解約しなくて良かったな〜と切に感じましたね(笑)

 

修理は郵送ではなく店頭で!

スポンサードリンク

そして修理をしてもらうには、

必ず郵送ではなく店頭で行って下さい。

 

郵送でもできるのですが、

その場合、相手と直接話せない。

 

アップル側に都合の良い回答を作られてしまえば、

その時点で有償対応の可能性も上がります。

 

近くにストアがなくても、

思い切って遠出してでも行くべきです。

 

直接店員さんと話すことで、

具体的に症状を伝えることもできますし、

情の対応を受けられる可能性も出て来ます(笑)

iPhone7 メリット デメリット 画像

ただし1つだけ注意点。

お店へ行く前に、Genius Barで予約をしてください。

 

Genius Barで予約をしないと、

日程によっては数時間も店頭で待たされます。

 

Genius Barでの予約さえ済んでいれば、

長くても30分以内には通してもらえます。

 

予約をするのとしないのでは、

対応に天と地ほどの差が出てしまうので、

必ず予約をしてくださいね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ