【iPhone7の機体が曲がる!?】このウワサ、どこまで本当か?

こんにちは、サチコです。

今日はiPhone7について取り上げます。

 

私は現在iPhone6sを使っています。

まだ機種変更して1年たっていませんが、

SIMフリーで買ったので契約の縛りもなく、

iPhone7が発売されたら乗り換えるか検討中。

 

私はiPhone4sから6sに乗り換えたので、

性能面でも進化を実感したのですが、

6sの世間的な評判は芳しくなく、

7もどうなんだろうな…というのが正直な疑問。

 

イヤホンジャックが廃止されるウワサもありますし、

アップルがどこまで新機軸を打ち出せるかが勝負でしょうね。

 

さて、今回はiPhoneが曲がるのかどうか。

これを取り上げます。

【iPhone7の機体が曲がる!?】このウワサ、どこまで本当か?

スポンサードリンク

「スマホが曲がる」

これはにわかに考えられないですよね?

 

機種内には様々な部品も内蔵されていますし、

曲げて良いのかどうか疑問もあります。

 

ただ、アップルが「曲げる」事に関して、

特許を取得したという情報が出回っています。

 

この「曲がる」問題。

実は6sの時も世間を騒がせていたのですが、

結局は実現されず肩すかしをくらった格好。

 

特許を取得したからといって、

どこまで実用化されるのかは疑問です。

iPhone6s SIMフリー メリット デメリット 画像

そしてiPhone7から実用化されるのか。

これもまだわからないところです。

 

ただ、iPhone6sの評判が芳しくなかったので、

7には新たな試みを加えて来ることは間違いありません。

 

それがイヤホンジャックの廃止なのか、

それとも機体が曲がるのか。

 

ただ、曲がったとしても、

90度、180度曲がるといったものではないでしょう。

 

部品の中には曲げて故障するものもあるので、

あくまで多少グニャグニャとする程度のものだと感じています。

 

ガラケーの様に折りたためるわけではない。

もし折りたためたらすごいけど、

そこまで期待しすぎずに考えています。

 

…まぁ、期待しない方がショックも小さいですからね(笑)

スポンサードリンク

とはいえ、アップルが取得した特許は、

「本体も中身も曲がる」というもの。

 

つまり将来的にはガラケーのように、

ほぼ180度折りたためる日が来るのでしょうかね。

 

iPhoneが曲がることで快適な操作が!

iPhone7 メリット デメリット 画像

そしてiPhoneが曲がれば、

これまでにない操作方法も可能になります。

 

例えばガラケーの様に閉じた状態から、

パカっと開けば電源がつく様になったり…

 

夢は膨らみますね!

iPhone7 Xperia x 比較 メリット デメリット 画像

ただ、折りたためるということは、

収納時に倍の厚みを持ってしまうかもしれません。

 

厚さがその分だけ増してしまえば、

ネガティブな声が出る可能性もあります。

 

折りたたんだ状態で、

現時点の厚さと同じ暗い。

 

だいたい7mmくらいに収まっていれば、

それこそ画期的な方法だとも言えますね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ