iPhone7はバッテリーの減りが早い?長持ちさせる3つの方法

こんにちは、サチコです。

今日はiPhone7について取り上げます。

 

私は先日、iPhone4sから6sに乗り換えました。

LINE等のアプリすら起動しなかったので、

どう考えても買い替え時でした。

 

ただ、7の発売も迫っていたので、

どうしようか最後まで迷いました。

 

結局はiPhone6sを買うことにしたのですが、

2年縛りのない契約なので7に移ることもできる。

個人的には大満足の契約です。

 

7は防水機能が搭載されたりと、

何かと話題が尽きないので、

個人的にもワクワクしています。

iPhone 標準アプリ 削除 方法 画像

とはいえ、一部ユーザーからは、

「iPhone7はバッテリーが長持ちしない」

というウワサを耳にしています。

 

確かに高機能を搭載すればする程、

その分だけバッテリーの消費は早くなる。

 

これはiPhoneに限らず、

スマホやパソコン等の電子機器すべてに言えますよね?

どうしてバッテリーの減りが早くなるのか?

スポンサードリンク

そもそも、どうしてバッテリーの減りが早くなるのか。

考えたことがありますか?

 

もちろん先ほどお伝えした様に、

高機能を搭載した反動で負荷がかかっているということもあります。

 

ただ、私達自身の使い方にも、

電力消費を早めてしまう原因が隠されています。

 

わかりやすいのが「負荷の大きいアプリを使うこと」です。

 

TwitterやFacebook、LINEなどは、

起動するだけでも結構な電力を消費しています。

 

その証拠に、ほんの数十分使っていると、

みるみる内に残量がなくなっていきますよね。

 

もちろん「使うな」というわけではないものの、

コマメに画面を消したりとできることはあるはずです。

iPhone マナーモード 音が鳴る 画像

ちなみにこれはアプリだけではなく、

音楽や動画についても同じことが言えます。

 

私の友人で格安スマホを使っている人がいます。

格安スマホは基本料は安いのですが、

その分だけ通信制限がかけられます。

 

以前のスマホ同様に動画を見ていると、

1日で3日分の通信量をオーバーしてしまい、

通信制限をかけられてしまったということです。

 

予想以上に電力を食うんですよね。

 

バッテリー寿命を長持ちさせる3つの方法

iPhone7 Xperia x 比較 メリット デメリット 画像

まず最強の方法は、

頻繁に電源をオフにすることです。

 

もちろん立ち上げる時にはパワーを使いますが、

何日もつけっぱなしにする方が、

よっぽどバッテリー寿命を縮めます。

 

スマホだってパソコンと同じ。

つけたままだと電池もなくなりますし、

負荷がかかってスピードも遅くなります。

 

これ、意外と知らない人も多いので注意が必要です。

 

私は会社にいる時は電源をオフにしています。

基本デスクワークなので、使う時がないんですよね。

スポンサードリンク

2つ目と3つ目の方法は、

先ほど説明したとおりです。

 

音楽や動画を見ないでおくこと。

これはiPodなどに頼ったり、

家まで我慢して下さい。

 

また、一度起動した画面は消して、

いつまでも立ち上がりっぱなしにしないでください。

 

ここまでの対策をやってもらえれば、

少なくとも2年間は十分持つと思いますよ!

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneで標準アプリを削除する方法がついに生まれた!【iOS10】

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ