誰でもできる!【iPhone6sで消せないアイコンを隠す方法】

こんにちは、サチコです。

今日はiPhone6sについて取り上げます。

 

以前はiPhone4sを使っていましたが、

機種変更後に使用している6sはなかなか使い勝手が良い。

 

私個人としては気に入っています。

 

それに肝心のアラーム機能も充実しており、

寝坊グセのある私にとっては非常に重宝しています。

 

iPhone7の発売とともに切り替えるか悩んでいますが、

まだ機種変更して1年もたっていないので、

当面は6sを使い続けようかなとも思っています。

iPhone アラーム スヌーズ 間隔 画像

さて、今回取り上げるテーマは6sだけでなく、

すべての機種にも当てはまるテーマです。

 

「アイコン、非表示にできないかな?」

絶対に一度は思ったことがあるはずです。

 

今回は初期状態から表示されているアイコン。

これらを隠す方法について取り上げます。

【iPhone6sで消せないアイコンを隠す方法】

スポンサードリンク

アプリで個人的にインストールしたアイコン。

これは長押しすることで消し去ることができます。

 

ですが購入時から設定されているアイコンは、

長押ししても消去することができないんです。

 

ですが以下に紹介する7つのアイコンは、

設定次第で非常にできます。

 

 

iTunes Store

App Store

Safari

カメラ

iBooks

FaceTime

Podcast

 

今回の記事ではまず上記7つのアイコンについて、

非表示に設定する方法をお伝えします。

iPhone 標準アプリ 削除 方法 画像

まずは「設定」ボタンをタップして、

「一般」→「機能制限」と進んでください。

 

その後パスコードを設定すると、

アイコンの一覧が表示されます。

 

ここで上記7つのアイコンについて、

非表示設定をすれば完了です。

 

そんなに難しい方法ではなく、

誰でも簡単に実践できるので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク

なお、非表示設定を解除したい場合は、

同様の手順で表示の設定を済ませて下さい。

 

その他、アプリを大量にインストールして、

隠したいアイコンを2ページ目以降に持って来ることも手です。

 

ただしこの場合は機種によってですが、

一度電源をオフにしてしまうと、

1ページ目に戻されてしまうこともあり要注意です。

 

消せないアイコンというのは、

それだけスマホを使用する上で重要なアイコン。

 

だからこそ消せない設定をしているのでしょうね。

iPhone6s 液晶 動かない 修理 直す 画像

私自身はPodcastとかは使わないので、

非表示設定を始めから行っています。

 

非表示設定さえできていれば、

再度表示したい時も簡単に戻せますからね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

⇒【iPhone SEは買うと後悔する?】リアルな評判をまとめました

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ