【iPhone編】おやすみモード中にアラームを鳴らす方法

こんにちは、サチコです。

今日もiPhoneについて取り上げます。

 

私もかれこれ5年iPhoneを使い続けています。

iPhone4sを4年半使い続けて、

現在は6sへと機種変更をしています。

 

使い勝手も非常に良いですし、

いずれの機種も大満足ですね。

スポンサードリンク

そして私自身、現在は社会人ですが、

iPhone4sを買い始めた当初は学生でした。

 

朝に弱く寝坊ばかりしていたので、

「社会人になったら起きられるのかな?」と不安でしょうがなかった。

 

そんな中、iPhoneのアラームには本当に助けてもらいました。

 

アラーム機能、そしてスヌーズ機能のおかげで、

1日も遅刻せず会社に出勤できています。

 

詳しくは別の記事でもまとめているので、

合わせて読んでみて下さいね。

【iPhone編】おやすみモード中にアラームを鳴らす方法

スポンサードリンク

さて、今回取り上げるのは「おやすみモード」です。

 

これはiPhoneに限らず、

基本的にはすべてのスマホに搭載されています。

 

就寝中はメールや着信の通知が一切来ない様にするというもの。

 

最近はLINEの通知も頻繁に来ますし、

寝るに寝られない状況がありますよね。

 

おやすみモードを設置すれば、

すべての着信音をシャットアウトできるのです。

 

でも、ちょっと待って下さい。

もしすべての着信音をオフにしてしまうと、

アラームも鳴らなくなってしまうのでしょうか?

iPhone  機種変更時 LINE 引き継ぎ 画像

実はそんなことはありません?

アラームは特殊なのです。

 

おやすみモードを設置していても、

アラームだけは完全別枠。

自動的に鳴る様に仕組みがなされているのです。

 

「鳴らす方法」とタイトルにつけましたが、

なぜか皆さん鳴らす方法を探されています。

 

ですがそもそも自動的になる様に設定されています。

何も心配する必要はないんですよね。

 

なぜおやすみモード中にアラームは鳴るの?

iPhone マナーモード 音が鳴る 画像

これも、ユーザーの使い勝手を考えれば納得です。

 

確かに就寝中の着信音をオフにしたい。

このニーズはありますよね?

 

だからといってアラームは鳴らしたい。

じゃないと仕事や家事に悪影響が出ます。

 

よーく考えてみて下さい。

 

アラーム機能が作動しないおやすみモード。

あなたは使いたいと思いますか?

 

 

まぁ私なら使わないでしょう(笑)

 

アップルもユーザーの目線で考えているので、

アラームについては別枠にしているんですよね。

iPhone 水没 バックアップ 画像

ただし今回取り上げている話は、

あくまで「最初から搭載されているアラーム」の話です。

 

アプリで独自にアラームをインストールした場合、

おやすみモードを設定すれば鳴らない可能性もあります。

 

無限大にアラームアプリは存在するので、

すべてを検証するのは不可能です。

 

心配であれば、最初から搭載されているアラーム。

これを使う様にしてください。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

⇒【iPhone SEは買うと後悔する?】リアルな評判をまとめました

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ