iPhoneの指紋認証が反応しない(涙)今すぐ直す方法をさくっと解説

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneの不具合について取り上げます。

 

私も5年近くiPhoneを使っていますが、

様々な不具合を経験してきました。

 

役に立つのかどうかはわかりませんが、

私が知っている限りの情報は伝えたいと思い、

このサイトを立ち上げました。

スポンサードリンク

これまでにも様々な記事を書いて来ましたが、

ありがたいことに多くの反響をいただいています。

 

詳しくは一番下にまとめているので、

合わせて読んでみてくださいね。

 

さて、今日は指紋認証システムを取り上げます。

非常に便利なんですが、反応しなくなると焦りますよね。

iPhoneの指紋認証が反応しない(涙)

iPhone Twitter 固まる 画像

指紋認証は私もよく使っています。

 

起動される度にパスコードを入力する。

これって結構面倒くさいんですよね。

 

それにパスコードなら可能性が低くても、

誰かにiPhoneの中身を見られてしまうかもしれません。

 

ですが指紋認証を使えば、

同じ指紋の人がいなければ中身を見られることはありません。

iPhone アラーム スヌーズ 間隔 画像

 

まぁ、同じ指紋の人なんていませんよね(笑)

 

ただ指紋センサーが上手く反応してくれないと、

当然ながらロックが解除されることはありません。

これが結構イライラするんですよね。

 

では、なぜ指紋が読み取れないのでしょうか?

原因さえわかれば対策も取れますよね。

指紋認証が反応しない原因1:「手袋をしたままである」

スポンサードリンク

これ、結構多いんですよね。

 

そもそもスマホができた当初は、

手袋をしているとタッチパネルが読み取れませんでした。

 

ところが次第に読み取れる機種が発売されたり、

タッチパネルに反応する手袋が開発されました。

 

ですが指紋認証については当然ながら、

手袋を外さなければ読み取れません。

 

これ、結構勘違いしている人が多いんです。

手袋を外してやってみると、

思いのほかあっさり解決していますよ。

 

指紋認証が反応しない原因2:「手が濡れている」

iPhone6s 水没 自力 復活 修理 方法 画像

手が濡れていると指紋を正しく読み取れません。

 

iPhoneは水に弱い機種です。

防水対策も他機種に比べて弱いので、

手に水が付着していると反応も悪くなります。

 

もちろんこれは汗も同じです。

水や汗をよく拭き取って、指紋認証を行って下さい。

 

同様に手が汚れていても、

指紋を認証しない原因となるので注意が必要です。

 

指紋認証が反応しない原因3:「手が乾燥している」

iPhone6s 着信拒否 方法 ブロック 画像

原因2と真逆なのですが、

乾燥していてもダメな時があります。

 

ただし保湿クリームを塗ってしまうと、

余計に反応しなくなることもあります。

 

一度手を洗ってから触ると、

しっかり反応してくれますよ。

 

ここまで紹介した方法に加えて、

念のため指紋認証の箇所をタオル等でふきとれば、

反応しない不具合は解決するはずです。

 

さっそく試してみて下さいね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

⇒【iPhone SEは買うと後悔する?】リアルな評判をまとめました

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ