iPhoneのタッチパネルが反応しない【原因と解決策まとめ】

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneの不具合について取り上げます。

 

私はもう5年近くiPhoneを使っていますが、

その中でも何度もトラブルを経験して来ました。

 

ただしトラブルにも程度はあるわけで、

全部が全部、お店へ相談するわけにもいきません。

 

待ち時間もバカになりませんし、

有償でのサポートになったらもったいないですからね。

 

本当に故障している場合や、

機種変更が必要なくらい老朽化している場合をのぞき、

たいていの不具合は自力で解決できます。

 

このサイトでは私が過去に経験した不具合。

この原因と解決策をまとめています。

iPhoneのタッチパネルが反応しない

スポンサードリンク

さて、今日は液晶のタッチパネルについてです。

 

スマホを操作する上で、

液晶のタッチパネルは必要不可欠です。

 

というかタッチパネルがなければ、

iPhoneは操作できませんよね(笑)

 

ですがこのタッチパネルが、

突然反応しなくなってしまうことがあるのです。

 

液晶画面が割れているわけでもないのに、

うんともすんとも言わなくなってしまう。

これはいったいどうしてなのでしょうか?

 

原因その1:内部の不具合

iPhone サイレントモード 誤作動 画像

iPhone内部で不具合が起こり、

突如としてタッチパネルが反応しなくなってしまうのです。

 

「故障かな?」と疑う前に、

このケースでは再起動してください。

 

一度電源を切ることで、

不具合が回復するケースはあります。

 

最低でも半日は電源を切っておき、

様子を見て下さい。

 

それでも治らなければ、

この場合は修理に出すことも考えてください。

 

原因その2:液晶が汚れている

スポンサードリンク

指紋の跡がたくさんついていたり、

汚れが目立っていた場合には、

タッチパネルが正確に反応しなくなってしまいます。

 

この場合はクリーナー等をつかい、

まずタッチパネルをきれいにしてください。

そうすれば、元に戻りますよ。

 

これと似たケースとしては、

指が乾燥していた場合です。

 

指が乾燥していても反応しなくなることがあり、

一度手を洗う等して湿気を含ませて下さい。

 

原因その3:iPhoneの落下や水没

iPhone フリーズ リンゴ 動かない 画像

iPhoneを落としてしまってから、

あるいは水没させてしまってから、

突如としてタッチパネルが反応しなくなる。

 

こんなケースもあります。

 

これはほぼ100%故障です。

最悪の場合、有償での修理が必要になるかもしれません。

 

程度にもよるのですが、

修理金額を見ながら機種変更も視野へ入れた方が良いでしょう。

iPhone6s 位置情報 消えない 画像

ここまで紹介した3つの理由。

どこかに当てはまっていないかどうかを、まず確認して下さい。

 

自力で対応できる不具合かどうか。

まずはチェックして下さい。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

⇒【iPhone SEは買うと後悔する?】リアルな評判をまとめました

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ