【iPhoneトラブル】天気の現在地表示がおかしい時の解決策まとめ

こんにちは、サチコです。

今日はiPhoneについて取り上げます。

 

私はもう5年間iPhoneを使っており、

iPhone4sから6sへと機種変更も行っております。

 

ショップの店員さんほどではありませんが、

ひと通りのトラブルは経験して来たので、

わかる範囲で解決策をストックしています。

スポンサードリンク

同じ様な悩みを持つ方もいると思い、

こうしてサイトにアップすることにしました。

 

どうしようもないトラブルでなければ、

自力で治した方がお金も時間もムダにしませんからね。

 

さて、今回は天気予報の表示についてです。

天気の現在地表示がおかしい(涙)

スポンサードリンク

iPhoneには天気予報表示機能があり、

現在地の転機と気温、週間予報等を伝えてくれます。

 

ニュースを見た方が正確かもしれませんが、

時間がない時はiPhoneでパパっと確認できちゃいます。

 

ところがこの天気予報の表示がおかしくなる時があります。

 

現在地にまったく知らない場所が表示されたり、

「シルバセンター」の様に謎の表示がされたり(笑)

 

これは困ったものですね。

iPhone Twitter 固まる 画像

こうした事態については、

まず天気予報機能の設定を再度行う必要があります。

 

位置情報機能がオンになっていないと、

天気予報も正確に場所を表示しません。

 

ホーム画面から、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」

この様にタップしてください。

 

そこで位置情報サービスをオンにして、

天気の項目をオンにしてください。

 

これで正確に表示されると思います。

iPhone 標準アプリ 削除 方法 画像

ちなみにこれでも上手く表示されなければ、

一度再起動してみて下さい。

 

考えられる原因としては、

高速で場所が切り替わったため、

スマホが追いついていないことです。

 

新幹線や飛行機など、高速で場所を移動すれば、

iPhone側が位置情報を誤って把握する可能性があります。

 

現在地についていけていないのですね。

 

こうしたケースの場合は、

一度再起動をすることをオススメします。

 

いったん電源を切ることで、

それまでの情報が一度リセットされ、

次に起動した時にはちゃんと表示される様になっています。

 

再起動については天気予報に限らず、

他のトラブルの解決策としても使えます。

 

本当に困った事態に陥ったら、

まずは再起動を試してみて下さいね。

iPhone 水没 バックアップ 画像

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒iPhone7でイヤホンジャックが廃止される?【金持ちのみ得をする世界に】

⇒iPhoneカメラでシャッター音が鳴らない設定方法【リスクを未然に防ぐ】

⇒iPhoneアラームのスヌーズの止め方【知らないとスマホ寿命が短くなる】

⇒iPhoneアラームでスヌーズ間隔を自由自在に変更する方法

⇒【iPhoneの不具合】急に圏外になる原因と10秒で解決する方法

⇒iPhoneのアラームはいつ止まる?鳴り続ける驚異の時間を計測してみた

⇒【iPhone SEは買うと後悔する?】リアルな評判をまとめました

⇒【iPhone7とXperia x比較】買うならどっち?メリットが大きいのは?

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ